一般的に最後の成長期と言われる中高生を過ぎてからプラステンアップに出会うと、これからでも効果はあるのか、期待したくなりますね。

プラステンアップは、成長期に必要な栄養素を毎日摂る事ができる補助食品です。

背を伸ばしたいお子さんだけでなく、栄養不足が心配なお子さんにもおすすめされています。

大学生になってから飲み続けても、決して悪影響は無いものですが、もし大学生になっても背が伸びたら嬉しいですね。

そこで、大学生でプラステンアップを飲み始めて効果があった人がいるのか調べてみました。

*大学生で効果が出た人はいるの?

プラステンアップは「成長」を補助する食品です。

一般的に成長期とは、遅くても高校卒業までと言われています。

高校を卒業した後の大学生は、一般的には成長期から外れてしまいます。

しかし成長期が長かったり、遅かったりすると20歳を超えるまで背が伸びる希望が持てることもあります。

残念ながらネットで調べて見ましたが、大学生になってからプラステンアップを飲み始めて、背が伸びた人は見つかりませんでした。

成長期は、女の子だと15.6歳まで、男の子だと16.7歳までと言われています。

大学生になってからプラステンアップを飲み始めるだけでは、背が伸びる効果は期待できないようです。

やはり、プラステンアップを飲むなら中学生になった12歳から飲み始める事が最も効果が出ます。

遅くても高校二年には飲み始めて、3ヶ月以上続けたいですね。

*背を伸ばす為に大学生からできることはある?

プラステンアップを飲む以外にも、大学生から背を伸ばす方法は無いか調べてみました。

すると、大学生で5センチ以上背が伸びた体験談がたくさんありました。

骨をつくるために必要な栄養素として、カルシウム、たんぱく質、亜鉛、マグネシウムが重要だと言われています。

上記の必要な栄養素を食事で十分摂り、それに加えてジャンプ運動をする事がいいようです。

ジャンプをする運動として、バスケットボールやバレーボールがありますが、両競技とも背の高い選手が活躍していますよね。

10分ほど縄跳びをするのも効果があります。

ジャンプをする事で、膝や腰に刺激が行き軟骨も柔らかくなります。

そして最も重要なのは、成長ホルモンの分泌です。

1日の中で睡眠中が1番分泌されます。

なので睡眠は必ず8時間以上、食事は寝る2時間まで、寝る前と起きた後に伸びをする事に気をつけるだけで違うそうです。

寝る前と起きた後に伸びをすると、寝ている間に分泌される成長ホルモンに刺激を与える事ができます。

それに加えて、質の良い睡眠をとることが良いです。

質の良い睡眠は、枕や布団などでも手に入れることができますが、プラステンアップに入っているクワンソウで手軽に手に入れることができます。

プラステンアップを飲みつつ、睡眠や運動に気をつけて20歳になるまでに、希望の身長を手に入れたいですね。

公式サイトはこちら!

http://plus10up.com/

.